ソフト闇金の特徴や手口を知って被害にあわないようにする

借りてはいけない

借りてはいけない

通常の闇金と比べて、ソフト闇金を利用しやすいと感謝している人もいます。消費者金融などを利用できればいいのですが、申込み時には審査があります。

 

すでに債務整理をしているなど、信用情報がブラックになっている人にとって、ソフト闇金は最後の救いに感じるかもしれません。しかし、やはりソフト闇金であっても利用すべきではありません。

 

ソフトという呼び方から、従来の闇金よりも借りやすいと感じる人がいるのも事実ですし、実際威圧的な取り立てなどは減っています。しかし、元々闇金を生業としている人達と、ソフト闇金を生業としている人達は、元をたどれば同じです。暴力団や犯罪者集団など、経歴がブラックな人達が行う仕事です。やはりそれ程甘いものではありません。

 

例えばソフト闇金でたった3万円借りたのがきっかけで、毎月1万円返済をしているという主婦がいたりします。毎月の1万円は利息分なので、元金はいつまでたっても減りません。この場合、3万円受取ったがために、毎月1万円、1年に12万円を延々と払い続けなければいけません。

 

また、一時的な生活費の補填で借りたために、年金をもらうたびにそこから利息分を取られてしまうお年寄りもいます。ソフト闇金ではそれらの被害者にその自覚がなく、いつまでも発覚しないという状態も社会問題となっています。

 

闇金はお金に困ったとき、借りているキャッシングの返済ができないときに利用をしてしまう方が多いです。正規の業者で借りられない方に対して法外な金利で貸し付けを行っていますので、闇金は絶対に利用をしてはいけないのです。